日本三大祭のひとつ 祇園祭

祇園祭は八坂神社の祭礼で、大阪の天神祭・東京の神田祭とともに、日本三大祭のひとつに挙げられており、その歴史の長いこと、またその豪華さ、祭事が1ヶ月にわたる大規模なものであることで広く知られています。およそ1100年前、神泉苑に日本全国の国の数の鉾66本を立て、祇園の神を祀り災厄の除去を祈る祇園御霊会を行ったのが始まりと伝えられています。

祭のハイライトは17日と24日に行われる33基の山鉾巡行。「京都祇園祭の山鉾行事」はユネスコ無形文化遺産にされています。

なお、祇園祭山鉾巡行は、平成26年、7月17日の前祭巡行(23基の山鉾)と24日の後祭巡行(10基の山鉾)の2度の巡行が49年ぶりに復興しました。

 

祇園祭の魅力的な行事、是非参加してください。

①前祭(さきまつり)宵山(7月14日~7月16日)――各山鉾では、夜は提灯が幾十となく点火され、祇園囃子がにぎやかに奏でられる。(四条通・烏丸通の歩行者天国は15日・16日のみの予定)

 

②山鉾巡行・前祭(さきまつり)巡行( 7月17日)――午前9時 四条烏丸出発。23基の山鉾。 四条烏丸 (午前9時00分) →四条河原町(9:35) → 河原町御池 (10:20) → 新町御池(11:20)

 

アクセス:御堂筋線なんば駅→梅田駅(約9分)

阪急電車特急梅田→烏丸駅(約40分)

参考:https://www.kyokanko.or.jp/gion/enkaku.html

コメントを残す